政経―1:オバマ来日。外務省に告ぐ。

【政経主張―第1回】
『オバマ来日で、オバマ大統領へ。更に、日本外務省に告ぐ』
         by 浜田隆政(TAKAMASA HAMADA)

【概略】
Twitterに2014年4月22日と23日投稿。Twitter書込№14-023~025
Facebook2014年4月23日投稿。Facebook書込№14-016。
 今回はFacebook投稿の物を微修正して、以下に掲載した。
 なお、オバマ大統領は、2014年4月24日に明治神宮を訪れ、流鏑馬(やぶさめ)を見学した。その際に、TVに写ったオバマが私の方を向いてウィンクしたように見えたのは気のせいであろうか。勿論、気のせいであろう!
 なお、下記の文章は大慌てで記したもののため、文書の乱れがあることを最初に記しておく。
 
【本文】『オバマ来日で、オバマ大統領へ。更に日本の外務省に告ぐ』
(オバマの明治神宮訪問前日と前々日に記して、インタネットに投稿した文章)。

 オバマ大統領の来日日程で明治神宮が入っていたのを本日知る。米国大統領が明治神宮へ行くのは当然自由、特に観光見学ならば、と現時点では思う。
 だが三点記す。
①訪韓直前の明治神宮訪問には配慮が必要。
②オバマ大統領は安倍総理と朴大統領の仲介をした。よって、中立公正の立場が不可欠。 ③オバマの立場が韓国で不利にならないようにする責任は、国賓として招聘(しょうへい)した以上、米国よりも日本の外務省にある。

 ①日韓が揉(も)めている今、韓国国民にオバマに対する心底の不信を抱かせてはならない。物事の是非はともかく、日韓併合条約は明治天皇の時に締結された。そのため、韓国以外の国ならばともかく、韓国に行く直前の明治神宮訪問については特別の配慮が不可欠である。過去、米国大統領で明治神宮参拝者は三人いる。

 ジミー・カーター 大統領来日時(1979年6月24日~29日)、ロナルド・レーガン大統領来日時(1983年11月9日~12日)、ジョージ・W・ブッシュ大統領来日時(2002年2月17日~19日)である。
 その内、カーター大統領はその後カナダ行きのため問題はない。後の二人はその直後に韓国へ行っている。ただし、レーガンは明治神宮での流鏑馬(やぶさめ)見学である。ブッシュ大統領は金大中大統領に対して「この人」発言、盧武鉉大統領時代は在韓米軍事件もあり反米感情を高めた。韓国へ行く直前の明治神宮行きは、こうした傾向を潜在的に更に増幅した疑いがある。現時点で、韓国メディアでは中央日報が警鐘を鳴らしている。しかし、韓国訪問直前となると韓国国民の心情にどういう影響を与えるであろうか。

 ②更に、オバマ大統領の場合には、安倍総理と朴大統領の間に入った経緯があるため、公正さという点から慎重に慎重をきさねばならない。
 「総理の靖国参拝は自粛を」という暗黙のメッセージには同感である。しかし明治神宮訪問直後に行く国が韓国以外ならば問題は大きくないが、訪韓前日となると疑問符がつく。日本→フィリピン・マレーシア→韓国ならば多少ましであったのだが。

 ③米国大統領がどこに行くかはアメリカが決めれば良い。だが、国賓として招待する以上、オバマや米国が判断を誤らないようにするため(韓国民などのオバマへの反感を持たせないため)、招聘国・日本は有益な情報を米国へ提供する義務がある。
 日本の外務省はその努力を怠ったとしか、私には思えない。というのも、大統領ではないが、ヒラリーの時にも気になったことがあった。

 ヒラリー・クリントン米国務長官(当時)も訪韓直前に明治神宮を訪問した(2009年2月17日)。こういう行動は、「米国とは仲良くしなければならないが、米国・米国民を信用してはならない」という漠然とした心情を韓国国民に植え付ける可能性が高い。ヒラリー氏の時に、私が我が家でこうした事を言ったことがある。
 だが、誤解しないでいただきたい。正確な内容は、「訪韓直前のヒラリーの明治神宮参拝により、ヒラリーが韓国国民感情問題で少しでもマイナスとなったならば、その責任は〝ヒラリー自身〟ではなく、日本の外務省にある」と言っただけである。Joke好きの私でも、これは皮肉抜き・joke抜きの本音である。
 訪日を要請した各国の高官に対して十分な情報を提供する義務が、外務省などにある。十分かつ適切な情報を得た後で、オバマが、ヒラリーが、米国がどう行動するかは、私が口を挟むことではない。

 ※joke好きの私は、やはり、一言書いてしまう。もし、オバマが日本の神社やお寺に興味があるならば、外国人受けする一番の神社は宮島にある厳島神社である(海の中に鳥居がある)。また、芸術的大型彫刻とすれば北村西望の大作がある。何かは略す。今回は、いずれも無理と思われるので、いつの日か、オバマ大統領にとっての〝My better half〟と、オバマの小さな宝物(いずれ大きくなる宝物)を連れて、観光見学で厳島神社へ行かれることを勧める。
 現在、超多忙でFacebookは休止予定であったが、本日、上記を知って書かざるを得なくなった。

 ※Twitter記載の方が文章の乱れはあっても臨場感があった。そこで4月22日、23日投稿内容の一部だけ関連部分をTwitterから抜粋する。

●Twitter 14-23-1(4月22日)。オバマ来日で、外務省に告ぐ。  
 米国大統領が明治神宮へ行くは自由。特に観光見学ならば。
 だが、訪韓前の明治神宮訪問には配慮が不可欠。オバマは安倍総理と朴大統領の仲介をし、中立公正の立場を堅持しようとしている。その立場を壊さぬ責任は日本外務省にある。……

●Twitter 14-25-1(4月23日)。オバマ明治神宮の件。
 私のコメントが遅すぎたか。諸事情で新聞は取らず、TVは諸挑発で嫌けがさし余り見ず。下記14-21の件で興奮。昨日、病院の新聞でオバマの明治神宮訪問を知り、即座に前例と韓国の反応を分析。そしてFacebookに記載。

Twitter14-25-2。 催馬楽(さいばら)・横綱土俵入り、その他で明治神宮訪問自体は問題ない。が、①オバマは少し前に安倍・朴両首脳の間で仲介、②ソウル訪問前日の同神宮訪問、③韓国旅客船沈没で韓国内での不満が鬱積(うっせき)。時期が悪い。 国賓に対して日本の外務省は何をしていたのか!米国に即座に。
……{【2014年11月29日訂正加筆】→ここではミスをし流鏑馬(やぶさめ)を催馬楽(さいばら)と書いていた。Facebookでは流鏑馬と正確に書いていたのであるが}

以下、4月25日投稿
Twitter14-26-2(4月25日)。ちなみに、オバマ来訪関連で韓国の新聞は4紙、欧米の新聞も数紙インタネットで見ているが、今の日本はどうかしている。 オバマも政治・経済の話を本格的にしたくても……。これでは……と思ったか。

 

【追記。2014年11月29日解説】

  • (1)オバマは、1996年クリントン大統領以来の国賓(a guest of the state)として、2014年4月に来日。4月23日19時羽田着。20時半から安倍首相と寿司屋で会談。4月24日日米首脳会談。夜=宮中晩餐会。4月25日離日し、韓国へ。その後、29日までの日程で、韓国、マレーシア、フィリピンを訪問。
  • (2)私の主張。 米国大統領が日本国内でどのように行動するかは、日本の法規、国際条約に抵触しない限り自由である。しかし、日本がオバマ大統領を国賓として招聘する以上、オバマが困らぬように必要な情報は事前に提供する義務がある。それを怠ったのではないか、と思い慌てて上記文章をTwitterとFacebookに投稿した。
  • (3)語句解説。
  •  ① バラク・フセイン・オバマ(Barack Hussein Obama II:1961年8月4日~ )。2009年1月20日~、第44代アメリカ合衆国大統領。2009年10月ノーベル平和賞を受賞。外務省HPでの、来日に当たっての表記→バラック・オバマ・アメリカ合衆国大統領(The Honorable Barack H. Obama, President of the United States of America)。
  •  ②流鏑馬(やぶさめ) 「馬に乗り、走りながら鏑矢(かぶらや)で的を射る競技。▽鎌倉時代、実戦の練習のためにはじめられたが、のち、祭礼のときなどに儀式的に行われるようになった」{『漢字源 改訂第五版』より引用。 英文→「the art of shooting arrows on horseback; horseback archery.」{『和英(第五版)中辞典』研究社より引用}
  •  ③朴韓国大統領と安倍首相との仲介。 「安倍晋三首相と韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が25日、日韓関係の悪化を懸念するオバマ米大統領の仲介で初めて首脳会談の形で会い、対北朝鮮での連携強化などを確認した。だが、双方の不信は根強く、日韓だけの首脳会談はめどすら立たない。…… 『マンナソ パンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)』。オランダ・ハーグでの日米韓首脳会談の冒頭、安倍氏は自らの発案で朴氏に韓国語でにこやかに語りかけたが、朴氏は硬い表情を崩さなかった。 会談はオバマ氏の強い意向で開かれたが、当事者である日韓両国は前向きというわけではなかった。それでも実現したのは、両国ともに米国との関係を意識したからだ。」{『朝日新聞デジタル・2014年3月27日』より引用}
  •  今回の会談は、米国が日韓の間を取り持った。メディアにも公開した冒頭は、オバマ氏を中心に安倍、朴両氏が両脇に並ぶ形をとった。……」{「『Zak Zak by 夕刊フジ』2014年3月26日より引用}
  •  
  • 【2014年12月7日補足】上記文書で、オバマや日本への来賓に紹介神社として、宮島・厳島神社の名をあげた。そこで、2014年9月広島平和公園に行った際に、来賓達への紹介もかねて宮島にも行く予定であった。ところが、Twitterに記載した如く、睡眠薬でも入れられた如く形で宮島ではなく尾道に行かされる羽目となった。