(Link with)🎼World song exhibition HP.

  • ★世界の歌コーナー(この列)
  • 🎶🎷 🎸🎹 🎺ト 🎻 🥁 🎤 👨‍🎤👩‍
  • 💁🎼第14回世界の歌:今暫くお待ちを
    The thirteenth world songexhibition
  •  
  • 先日、お知らせしましたように、パソコンなどへのハッカー攻撃と思われる、連続の障害でパソコン関連は機能不全状態となりました(2023年1月18日)。
    今、徐々に復旧作業中です。
    そこで、下記日程は2023/1/19から大幅な乱れを生じています。
    ご了承ください。
    現時点ではまだ完全普及のめどは不明ですが、主要HPは一応機能状態に本日(2023/01/23)になりましたが、幾つかのHPでは未だ機能不全です。
    2023/01/23 掲載
  • ↑世界の歌へリンク(↑Click flag)

🎶The songs of this week. (Contents)

  • 🎼分科会(The first Venue.)
  • 🕊️Official HP
    ①各国から(アメリカ大陸以外)
    ②S
  • 📖YasuragiHP←Click (クリック)
    ①各国から(原則=南北アメリカから)
    ②?
  • ③🕊️・📖→両国関連の🎶歌と💃踊り

     

    ▽クリック(Click)=Detail(詳細)がOpen(開く) 

    HTMLソースを入力して下さい。

     

    今週の歌①The song of this week.

    • 【世界の歌】世界の歌第一会場・
    • 【公式HP予定

    • ◎第13回世界の歌・イスラエル☞ガイドPDF
    • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.)
    • 【UK】
      ①'The Phantom of The Opera' Sarah Brightman & Antonio Banderas
    • 【🤡コメント】
      このコンテンツは、英国(Britain)特集のトップ(開始のファンファーレ)予定でした。英国は軸になる(コンテンツではなく)曲は揃った可能性があります。
      本来ならば、私の方針通りに、揃った国から開始のため英国だったかもしれません。
      しかし、もう第14回はアメリカと予告しています。更に15回はIreland(と安らぎ文庫はスペイン再演)の可能性が高いと示唆しています。
      その後の第16回は可能ならば文化の違う国から…。
      第16回でも2024年からの可能性が高いです。

      天からの声で「お前いつまで生きていると思うか」、もう一つ天からの声で、「💻(パソコン)する金ももうなくなるだろう」と。
      その結果、本年New Yearのみか昨年New Year(Eruption紹介)もBritain特集の隠し球をだしてしまいました。ただし英国特集の時のメイン・サブメイン曲は現時点では㊙秘密です

    • なお、アメリカ特集では開幕最初のコンテンツがなく、それが遅延要因の一つです。
      再度言えば、この今日掲載のコンテンツは英国特集のトップ予定でした。
      さて、②~⑥番はゆっくりと昔を思い出しながら、過去登場の歌手に感謝しながら掲載します。
      ②から⑥は全て過去掲載したコンテンツです。
    • 明日の安らぎ文庫HPも本日と同じ構成をとる予定です。明日は全て南北アメリカからを検討しています。
    HTMLソースを入力して下さい。

    ▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

    • 【YouTube記載項目】

      オフライン

      34,163,009 回視聴 2020/05/04
      Sarah Brightman (Christine) and Antonio Banderas (Phantom) duet in this rendition of the titular number from Andrew Lloyd Webber's Phantom of The Opera.

      From Andrew Lloyd Webber: The Royal Albert Hall Celebration - A celebratory tribute to musical compositions of Lord Andrew Lloyd Webber, live from the Royal Albert Hall. Featuring hits from some of his most renowned productions, such as Starlight Express, Evita, Cats, Phantom of the Opera, Jesus Christ Superstar, and more.

      If you enjoyed that why not check out these other hit musicals! :


      Cats: /bsi5lz
      Joseph and The Amazing Technicolor Dreamcoat: /fri5lz
      Phantom of The Opera:
      Love Never Dies: Welcome to The Shows Must Go On the channel bringing you showtunes, backstage access and full performances from some of the best loved musicals in history!

      Featuring melodic moments, show-stopping solos and high notes for the history books.

      #PhantomOfTheOpera #SarahBrightman #AntonioBanderas #AndrewLloydWebber #Musicals #MusicalTheatre #stayhome #withme

    •  


    • 詳細は総合案内所の解説を参照。
      http://yasuragiblog.h-takamasa.com/
    • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.)

     

    今週の歌②🇩🇿:The song of this week.

    • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.)
    • 【ギリシア―イタリア
      ②Yanni - "The Storm"_1080p From the Master! "Yanni Live! The Concert Event"
    • 【浜田隆政コメント】 ギリシャのヤニーがイタリアの「Storm」を演奏。世界の歌です。

      再演せずに新たな国へという挑発がありましたが、もし再演していなければイタリアのアントニオ・ヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi)は紹介できなかったでしょう。

    ▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

    • 【YouTube記載項目】

     

    今週の③🇩🇿:The song of this week.


    • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.)
    • 【South Korea
      -1:So Hyang - Arirang Alone 소향 - 홀로아리랑 2017.07.30
      ③-2:
    • 【浜田隆政コメント】③当初予定は下側。
      所が、パソコンの中には別の見たことがないコンテンツ(上側)が入っていました。なお、ソヒャンについては下記Twitter掲載情報が入っています。
      そこで2021年か2022年のソヒャンの歌も考えましたし、2021年版も良かったですが、今から検討しますと、1日~一週間かかります。

      本日も超多忙のため、両方掲載
      上が本日🤡の💻に入っていたコンテンツ。
      下側が当初予定。

      まだ別にも多数ありますが、それらはいずれ世界の歌・韓国はするため、そのときに検討しましょう。その時迄私が生きていたならば。その頃は彼女がビヨンセさんとかLady Gagaの如くに世界でbreakしていることを願います…

    • (🤡追記)
      2021年も良かったです。
      なお上側は2019年版の歌のようですので、上側を2021年版に置き換えても良いのですが、本日13時前におきて本日中に掲載のため検討時間がありません。しかもそれまで㊙マル秘のため手の内は見せず(完全白紙にみせており)、更に明日も事実上白紙にしており、手の内はみせておらず、明日の件もあります。

      ともかく、アメリカ特集2月10日までは日があるため、その間に場合によれば上側の置き換えを検討するかもしれません。しかし、いずれ韓国特集をしたいため、その時迄温存した方がよいのではないかとも🤔
    HTMLソースを入力して下さい。

    ▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

    • 【YouTube記載項目】

     

    今週の歌④🇩🇿:The song of this week.

    • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.
    • 【China
      ④Song Zuying Celine Dion Jasmine Flower Singing in the Chinese lunar new year Gala Show
    • 【浜田隆政コメント】正式には、中国の代表的な歌(jasmine flower)を中国の歌手とカナダの歌手の共演ですが、カナダは明日旗があがる可能性もあるため、中国の旗だけとしています。

    • 私は🎼音楽とは元来無縁の人間のため、これを掲載した2015年頃は両者の顔も名前も全く知りませんでした。ビヨンセさんもMr.オバマの2013年就任式まで知りませんでした。Lady Gagaさんも徹子の部屋で2011年頃対面するまでは同様でした。

       ただし、マイケルジャクソン(Michael Jackson)だけは、彼が📺(テレビ)から私を指さし喜んでいたため、一緒にやろうと言う意思表示化何かと思い、知っています。それも一度ではなく何度も…。それも懐かしい思い出です。第14回世界の歌・アメリカ特集のときに彼が生きていたらと思う今日この頃です。

      今調べるとMichael Jacksonは2009年死亡しているため、何だったのでしょうか。世界の歌の前身今月の歌をやる以前です。まだHPも掲載していなかった頃です。気のせいではないのは、一回ではなく何度も📺(テレビ)から私に…。

    ▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)


    • 12,492 回視聴 2013/02/16
      This is complete video of performance from the beginning to the end.
    •  

     

    今週の歌⑤🇩🇿:The song of this week.

    • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.)
    • 【Russia】
      ⑤ВАРВАРА - КАТЮША | KATYUSHA | 喀秋莎 | Концерт на Поклонной Горе "Салют Победы!", 2008
    • 【浜田隆政コメント】画質がもう少し良いのがありますが、今回は敢えて、昔使用したのと類似版を掲載。
      このコンテンツを世界に紹介した頃(多分2015年頃)は、 「KATYUSHA」で検索すると「浜田隆政」か「Takamasa Hamada」が一番目か二番目に表示されました。懐かしい思い出です。

      三点掲載。
      一点目は古い物でも、良ければどんどん掲載します。アメリカ特集でもそれは貫かれます。温故知新。

      二点目は自称浜田childrenのマリナ・デビヤータヴァ(Марина Девятова)さんの歌も良いのですが、彼女は以前New Year特集で「カリンカ」で登場しているため、今回はお休みです。世界各地に浜田childrenなる歌手はいます。マル秘です。

      三点目は戦争高揚に繋がる危険もありますが、それは⑥番の歌で完璧に消し去ります。

      四点目はRussiaの再演は世界の歌Ukraine特集と同時を予定しているため、戦争終結後となります。

      最後に、昔政治学の専門家であった私が、何も資料を集めずに素人的な独り言。
      「Russiaには広大な未開拓の土地がある。だが開拓は簡単ではない。科学の発達と同時に世界の国家や大資本と協力すれば、ロシアの経済的国富は未曾有の域に達するであろう。それが国富か、それとも大昔の形で…が国富か…。もったいないと思うのである」

      ▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

      • 【YouTube記載項目】Катюша
      •  

       

      今週の歌:The song of this week.

      • 【Norway】
        ⑥AULD LANG SYNE by Sissel
      • 【浜田隆政コメント】2020年のNew Year特集で安らぎ文庫HPに掲載したのと全く同一コンテンツです。
        しかし、戦争高揚…を沈めるコンテンツはこれしかないのです。
        歌・映像…全て人類の平和共存を訴えるコンテンツです。
        新年のスタート、ノルウェーのシセルが歌う、イギリスの歌「Auld Lang Syne」と共に

      • 💁:総合案内所(臨時・第三会場)
        http://yasuragiblog.h-takamasa.com/
      HTMLソースを入力して下さい。

      ▼クリックで解説(Click ▼, and you will see the explanation of the song.)

      • 【YouTube記載項目】
      •  


      • ⑦62,676 回視聴 2013/05/16

      •  

      今週の歌:The song of this time .


      • ↑旗をクリックで該当国解説のウィキペディアにリンク(Click flag, you'll see explanation [wikipedeia] of the Country.)
      •  
      • 【⑧番:浜田隆政コメント
      • 総合案内所
        http://yasuragiblog.h-takamasa.com/
      HTMLソースを入力して下さい。

       

       

       

      🎶More songs:Click 📷 of the flower↓

      • 🎶安らぎ文庫:今週の歌:花の写真クリック
      • 📖Yasugragi HP :The songs of this week.


      🌎

      • 🌎現代社会:休止中
      • History, Culture, Politics, etc. of Kenya.
      • HTMLソースを入力して下さい。
      • 🌎クリックで該当ページ(Click 🌎)

      🎼 World Song HP Guidance.

       

       

      主張関連情報

       

       

      予備


       

      ■各HPのコンセプト→右の▼をクリック。

      Ⅰ型:公式HP&ブログ=浜田隆政個人の発信サイト。(このHPとブログ)
      ⇒世界連邦啓発・紛争なき世を。世界連邦、当面は新国際秩序を!主張と情報。Blogでは随筆も。
      Ⅱ型:安らぎ文庫&Blog(法人化・起業家目指す文庫)
      ⇒商品(作品)の商品解説・購入の仕方。教育関連等。安らぎ英語も。
      Ⅲ型:芸術館→📷 🎼
      ⇒①今月の歌、②各種写真物語館(現在→和・魂・絆・技能・安らぎ、合計5会場設置)。
      SNS等:Facebook、Twitter、Google+、Mixi、Ameba
      ⇒YouTube参加(2016年10月2下旬):その他にも規模拡大予定。
      出版社:現在はKindle。Kobo。
      ⇒Google Play、DL-MARKET、パブー 等検討中。海外の出版社も調査中。

       


       


       







       


       





       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      • はてなブックマークに追加